Skip to content

synergy

今どきの病室って?

病院に入院することになったとき、どのような病室に入院したいと思いますか?治療を受ける病院を選ぶときには、たとえば、家から通いやすい、家族が通ってきてくれやすい、腕のいい医師がいる、自分の病気の専門の病院だ、といった理由で選ぶことが多いと思いますが、病院に入院することになったら、自分が入院する病院の病室についても少し調べてみるのもよいでしょう。

今どき、6人部屋の病室というのはなかなかなく、3~4人部屋の病室というのが多いかと思います。なかには、すべて個室の病院もあります。すべて個室の病院ときくと、大規模な病院ではなく、個人病院?と思われるかもしれませんが、規模の大きな立派な病院であっても、すべての病室が個室という病院もあります。

3~4人部屋の病室の場合には差額ベット料金という、部屋代金はとられないだろうと思われるかもしれませんが、病院によっては設けているところもあります。たとえば、窓側と廊下側とに分けて料金を徴収するといったケースです。どこがどう違うか、というと、廊下側には窓がなくて、光が入ってきにくく、窓側は明るいという特徴があるからです。

病院にもよりますが、プライバシー重視になっている昨今、3~4人部屋に入院したら、それぞれのベッドの周りにはカーテンがあり、日中でもずっとカーテンを閉め切っている習慣になっていることもあります。となると、廊下側に入院したら、自分の思っているように、採光を取り入れることができない、というディメリットがあり、それで、料金に差をつけているということもあります。もっとも、新しい建物の病院ですと、この点を解消するべく、廊下側の方にも採光が取り入れられるような構造になっているところも多くありますが。

個室の場合、まず個室料金を徴取されるのが一般的です。ただ、なかには、療養上の必要性から差額料金なしで、一定の期間個室を使わせていただく、というケースもありますが、そういった場合ではなくても、個室料金が無料の病院もあります。すべての部屋が個室という病院においては、中の設備に多少差をつけて、一部の部屋は無料の個室、一部の部屋は有料の個室としているところもあります。もっとも、無料の個室はなかなか空がでず、順番待ちということもありますが。

あなたやあなたの家族が入院されるとき、どのような病室に入院することになるのか、料金はいくらなのか、あらかじめ調べておいてもよいかもしれませんね。調べるといえば、最近看護師の友人がhttp://xn--vek580g08cxwbfzwknap82fbxtm65b.com/というサイトで色々調べて転職に成功したようです。何事もリサーチするというのは大切なことですね。

イケメン薬剤師さんに会うために、痛い採血も我慢できます!

最近の傾向なのかしら?
うちのあたりに何か所か「医療モール」とか「クリニックモール」という、あまり大きくないけど、機器は最新のものをそろえていますというところができ始めました。
都内だから余計にでしょうか?
自宅以外の街に行っても、よく目に付くようになりました。
年齢的なこともあり、複数の科を梯子しないとならなくなりつつあり、総合病院も安心だけれど…待ち時間だけで疲れに行くようなもので本末転倒なことに気づきましたよ。
家から散歩を兼ねていけるところに、ちょうどよくかかるべき診療科目のところが隣あうというので、それまでの総合病院から紹介状をいただいてきました。

新しいだけあって、内装も素敵で、採光にも気を使っているのがまた、いいですね。
とかいっていたら、通い始めて数か月になりました。
いまお世話になっておりますのは、脳神経と内科と整形外科です。
色々ありまして、時間差はありましたが、それぞれで採血やら注射をする機会がございました。
看護師さん個人の技量もあるのでしょうけれど、上手下手がわかりますね。
それを何とはなしに申しましたら…目の端がきら~んとしたのは気のせいではないと思います。
内科を主にしているクリニックの看護師さんには、採血で血管が見えない?深い?と両方に刺され、何か所もされのと、翌日には青くなりましたよ。
脳神経のお若い方は優しいのですけれど…少々下手。
あたくしより、少々お若い方はぶっきらぼうな感じなのに腕はよろしいようです。

整形の方々は総じて、お上手ですね。
あたくし、正直すぎるらしくて、ついつい、内科の院長先生に言ってしまいましたの。
別々の診療所とはいえ、お隣同士でお付き合いもあるのでしょうね?
勉強会しました!とか、おしゃるのにはおどろきました。
それからですかね?
たまに、どちらが上手ですか?とか内緒話をふられるようになってしまいました
下手なことを申してしまったと後悔をしておりますの。
でも、それで、はりあって、患者の不快なことが少しでも減ればよいのかしらとも思いますけれど、張り合うのもほどほどにしてくださいね。

その点、この病院内にある薬局はとってもみなさん親切なんですの。
<<薬剤師求人|東京で条件のよい病院の探し方【※私の転職体験談】>>
都内のオシャレなイメケンさんがそろっていて・・・。
だから、看護師さんが採血が少々下手でも、ここの病院に来たくなっちゃうんです。

大阪の調剤薬局の品揃えにビックリ!

乳幼児ほどの小さな子供がいる家庭であれば、必ずといっていいほど必要になってくるのが紙おむつです。
そして子供の紙おむつをドラックストアなどに買いに行くと、同じように目につくのが介護用のおとなのおむつです。
最近ではドラッグストアだけではなく、調剤薬局にものど飴や健康食品はもちろん、こういったおむつなども取り扱っていますよね。
近所の大阪市内の調剤薬局は、どの店舗へ行ってもいろいろな商品を取り扱っているので、ここはどんな商品があるのかなぁ、なんて投薬の待ち時間に物色するのも最近の楽しみなんです(笑)。
最近ではジャムも買いました!こんな物まで売ってるんだとビックリです。
薬剤師さんは、商品のことも丁寧に説明してくれるので有難いです。
⇒⇒⇒薬剤師 求人 大阪 病院

さて、話は戻りますが、赤ちゃんの紙おむつと違って大きさがでかいから、介護はもちろん、必要な人はこういう介護用品を買いに行くのもたいへんでしょう。
今も高齢化はどんどん進んでいますし、ひとごとには思えません。
これから、介護用品の需要もますます増えることでしょう。
ですから介護用品というのは介護される方、する方、両方に使いやすく安全なものを選びたいものです。
そのためにはどんなものがあるのかも知っておかなければいけませんから、介護用品を販売している会社にも注目してみましょう。

専門店であれば、紙おむつなどの消耗品からベッド・車椅子などの大型商品まで、幅広い介護用品を取り扱っています。
メーカーとの直接のやり取りをしているところであれば、安心・安全・安価な販売を実現しているところも多いでしょう。
やはり介護用品も品質こだわって、快適に過ごせるものを選んでいきたいです。

また、最近は高齢者でもスマートフォンを持ち歩く人が多くなったことで、待ち合わせや人探しもとても楽になってきました。
特に携帯の位置情報などは行方不明者を探すのにも役立ち、とても都合が良いでしょう。
また、高齢者を介護する場面でも、このようなGPS機能を利用して徘徊などの防止策にもなります。

また、最近ではアプリを使って位置情報を利用することもできるので良いでしょう。
一緒に暮らしているからといって、24時間ずっと介護しているのは家族には無理なことも多いですし、認知症になっているのかそうでないかも、はっきりとするには時間がかかるようなこともあるものです。

ですから、早くからGPS機能付きのものを持ってもらうようにすると、家族も安心して介護できるものです。

病院のベッドから血が垂れているのを始めてみた

父が熊本機能病院に入院していた時、少し具合がよくなり個室から大部屋にうつった際に、ドラマや漫画で見るような病室のベッドから血が垂れているのを見たことがありました。

大部屋にうつってからは同じ部屋の家族の方とすれ違えば挨拶はしていましたが、父の目の前のベッドに入院された方は病気では無く犬の散歩中に山の中で転び、体に木が刺さってしまったようで、手術をし、感染症の診察のために内科の病室の入院になったようですが、入院も手術も始めてだったようでかなり荒れていました。怒鳴ったり怒り出すことはありませんでしたが、点滴が不快だった様で、よく看護婦さんに点滴を外してほしいと話しているのを聞いたことがありましたが、感染症の予防や手術後のため、点滴が外せるわけもなく、そのままの状態で我慢していたようですが、点滴を外そうとしたことがあるのか、腕を固定されていた日もありました。

ある日、いつものように父に病室にお見舞いに行くと、父の前に入院している方も点滴をしながらお昼寝中だったようですが、少し時間がたってから父も寝ていたのでベッドの横にある椅子に座っていると、前にあるベッドはカーテンは閉められていますが、よく見るとベッドの下に赤いものが見え、更によく見てみると上から血が流れ落ちていました。かなりびっくりしましたが、すぐに看護婦さんを呼びに行き、看護婦さんが急いでその方のベッドのカーテンを開けると、自分で点滴を外してしまったようで、腕から血が流れだし、ベッドも入院中の方も血だらけになっていました。

それから先生や看護婦さんが来て処置をし点滴を外しただけなのでケガなどではなかったので大したことはなかったようですが、病院で目の前のベッドから血が垂れている光景は漫画やドラマ以外で、まさか自分がリアルに見ることがあるとは思わず実際に見るとびっくりして声も出ないものなんだな、と漫画やドラマのように叫んだりすることは全くなく、ただただ血が流れいるのを見ているしかありませんでした。あれだけの血を見ても冷静に動ける看護師さんやお医者さんは、当たり前ですが冷静ですごいなと感心しました。

余談ですが、看護師をしている従姉によると、熊本市内で看護師の求人を探すなら、このサイトがオススメだそうですよ。⇒ 看護師求人|熊本市で好条件の職場の探し方♪【※私の転職体験談】

7歳以上の犬のドッグフードっていったいどのメーカーにしたらいい?

みんな迷ってる犬の食事!?本当は何が犬の体にはいいの?

今と昔犬の食事情は大きく変化しています。昔は犬のご飯は台所の残り物と決まっていました。ドッグフードもあったとは思うのですが、専用のフードや肉を食べてるワンちゃんはほんの一握りだったと思います。今はドッグフードの種類も星の数ほど。原材料もチキン、ビーフ、サーモン、鹿肉、馬肉、カンガルー肉までバラエティ豊富です。お値段だって大袋で千円以下ののリーズナブルなものから、1キロ5千円くらいのプレミアムフードまでピンキリなのです。

ペットショップで棚いっぱいに並べられたフードの種類を見ると、何を選んでよいのやらめまいがするほどです。そしてネットを見れば、犬には生食がいい、手作り食がいいといろいろな方がオススメされていますし、犬の食事に関するあふれかえる情報の中で、自分のワンちゃんに何を選べばよいのやら途方にくれる飼い主さんもいるのではないでしょうか?獣医さんに訊いても、その答えは十人十色です。我が家では歴代ワンコが3軒の動物病院に通っていましたが、3軒3様でそれぞれがフード派、生食派、手作り派と、見事に意見が割れていました。フードは高温で殺菌されていて衛生面で安全。

栄養バランスも考慮され、病気に合わせてカロリーや栄養素が考慮された療養食もあるので、とても便利なのです。生食というのは、BARFとも呼ばれ、肉や野菜を火を通さずに食べられるものは生のまま、ワンちゃんに食べさせる食事です。生食のいいところは、食材が持つ消化酵素を犬が体に取り入れることができること。生きものは体の中に消化吸収するための酵素を持ってはいますが、体の負担を考えると、できるだけ自分の酵素を使わずにいた方が長生きできるのです。生食は食材の持つ酵素が栄養の消化吸収を助けてくれる、犬の体に優しい食事といえますね。

手作り派の獣医さんは、生食の良さは認めつつも、衛生面をとても心配します。というのも、市場に出回っている精肉の中には、生では食べられないレベルのものもあります。よほど信頼できる販売者から新鮮なものを入手するのではない限り、火を通さない肉や魚を食べさせるのは危険だということです。そんな手作り派の獣医さんのおすすめは、肉、魚、野菜、海藻、きのこ類を煮炊きして食べさせることだそうです。さて、犬の食は何が一番いいのでしょうか?まだまだ結論は出ないようです。愛犬に何を食べさせて、何を食べさせないか、飼い主さんは自分で選び取っていくしかありませんね。私はこちらのブリーダーさんの書いた記事を参考にしています。⇒http://ドッグフード7歳以上.com/

突然現れた大物歌手?!


先日私は、北海道の新千歳空港から大阪の伊丹行の全日空機で、大阪へ帰る処でした、
当日は、お盆の帰省の関係で、広い新千歳空港の中も混雑していましたが、飛行機も混雑していたようで、時間通りに搭乗はしたのですが、飛行機はなかなか飛び立ちません。
飛行機の混雑で滑走路の順番が来なかった様なのですが、ここの空港は航空自衛隊との共用の空港なので、スクランブル発信などで遅れることもあるようです。

かれこれ40分くらい待たされた頃、今まで機内乗務員の方の『もう少しお待ちください』のアナンスに変わり、男の人の声で、あの大物歌手のアナウンスが!!
そして、『お待たせしておりますが、もう少しお待ちください』とのメッセージに続いて、歌を歌いだしたのです!
初めは、誰かが物まねをしているのだろう・・・と思う程度でしたが、余りに似すぎて上手な歌です。
これってもしかして本物?と気づいたのは、歌が終わり、良い旅をして下さいで締めくくった後でした、

歌手の方は、一番前で歌っていましたので、私の席からは確認することが出来ませんでした。
とても残念ですが・・・。
しかし、生で、それも飛行機の中という特殊な環境の中で、アカペラで有名な方の歌を聞けたのですから。
北海道らしい雄大さを歌った曲で、普段はコンサートのチケットも、取るのが難しいと言われているこの方。
北海道を、日本を代表するような歌手の、小さな小さな、それも特別のコンサートを聞けたことが、北海道旅行の最高の思い出になりました。

待たされた時間はほぼ1時間。
飛行機が無事に離陸して伊丹に着くまでも、思い出の2時間になりました、

今回は機長さんの特別な計らいと全日空の計らいで実現したようですが、今度からこの様なことがあったら・・・乗り合わせた歌手の方は、歌わなければなりませんね(笑)。
何しろ、こんな大物歌手の方が機内で歌のサービスをしてしまったのですから。

そんな歌手の方が大好きになってしまいました。
偶然の偶然が招いた、思い出のお盆休みでした。